ゲステラ☆チャンネル


<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< アニキチャンネル 第千四百八回 | TOP | アニキチャンネル 第千四百十回 >>

2014.05.04 Sunday

アニキチャンネル 第千四百九回

ジャック

じゃ、フリの庭自慢コンテストの簡易レポートいくわよー。


とろ

SSが……ほとんど無いよ?


ジャック

だらしねぇし……。


フルカネルリ

次からは、全部撮影するか、初めからレポートしないつもりで回るか
しっかり決めてから行きたいところだな……。


-----------------------------------------------------------------------------------------

……と、言う訳でレポート開始です。
まず、流れに沿っていきましょう。

イベント開始は20:30。
ECOタウン・ショップゾーンの北側に、コンテスト出展者の庭が並びます。
庭の数は、11,12くらいだったと思います。
投票までは二時間程度あったので、非常にゆったりと巡る事が出来る仕様になってました。
フリースペースにも結構出てたので、実際は後半慌ただしかったのですが(

今回は……というか今回も卯月さんのPTに参加させて頂くことが出来
みんなでわいわい言いながら見物する事が出来ました。

では、SSに残っていたお庭を紹介。



タイトル『動物ふれあい広場』

最初にお邪魔したお庭です。
ウッドテラッツァを使い、オリジナルのサークルを作りだしてるのが
非常に素晴らしいと思います。
ちゃんと通り抜けできる幅に作られてるのが、また細かい。

そしてペットやフィギュアの配置の仕方も、庭の名前をよく表してます。
庭主さんのSNS日記を見たところ、色々設定があったようです。
もっと居座ってお話ししたかったですね……!

なお、こちらのお庭はゲスト賞を受賞してらっしゃいました。
おめでとうございました!


さて、次のお庭へと参りましょう。



タイトル『さくらだるま』

インパクトでは今回の庭……いや、今まで見てきた全庭の中でもトップクラスでした。
胴体は、季節イベント品の桜花辺を40個以上使って作っているそうです。
ここまで綺麗な半球を作りだす技術力は見習いたいところ。
実際にやろうとしても多分出来ませんよこれは……。

内側のSSは撮ってませんでしたが、ちゃんと中に入れました(

こちらのお庭は準優勝でしたね。
おめでとうございました!


さてSSが無くなってきたぞー(滅




タイトル『黒の原点』

既存家具の使い方で一番驚かされたのはこちらのお庭。
まず外装ですが、使われてる家具はフェアリーガーデンに妖精の木やスパイダーツリーと
普通の組み合わせなのですが、家や地面に埋まるように傾けたり



フクロウを止まらせたりする事で、実にいい雰囲気を作り出してました。ワザマエ!




内装も大変凝られてました。
というより、もはやオリジナルの壁ですねこれは……!



四角柱(鉄)に水路閣を丁寧に組み合わせる事で
教会の壁の黒バージョンとも言える壁面を作りだしてます。
そこにフェンスと本棚……最高です。


……
さて、残すSSも僅かです。
最後にご紹介するのはこちらのお庭。



タイトル『田舎の観測室』

今回のコンテスト出展庭の中で、私が一番気に入ったのがこちらのお庭でした。
無駄に物置き過ぎず、適度な広さが確保された外装。
田舎というタイトルに合わせ、家具の色も揃えられており目に優しいです(←個人的に重要)




裏庭にはバステトとダンボール箱(置き方がいいですねぇ)
そして中には土偶……。

さりげなく置かれてるネコスクーターの違和感の無さもポイントが高いです。
上手い使い方です……!




そして観測室の内装。
これをパッと見て、なんだかお分かりいただけたでしょうか。
そう、中央のじゅうたん(空)……飛空庭から下を見下ろしてる設定なのです。
(ドラえもんの道具にこういうのありましたね!おざしき釣り堀じゃなくて)
庭主さんによると、吹き抜けではなくガラス張りという設定とのこと。

絨毯の周りに密に設定された望遠鏡やフロアランプ(逆さにして使っておられました)によって
通り抜けをしない限り、内側に踏み込む事は出来ません。
良く出来てます。




中央に侵入不可スペースを配する事で、必然的に回りは狭くなる訳ですが
その狭いスペースをこれまたいい感じに演出してるんですよね。
ソファーの前にローテーブル置いたり、アルマ達が下を見降ろしてたり……。
パラケルススの研究室風の庭を作りたいなと思ってたので大変参考になりました。



簡素なものとなってしまいましたが、私からのレポートは以上です。
うん、もっとSSを(SSモードで)撮っておくべきでした……!
大変申し訳ない。


……


大変楽しく充実した時間を過ごす事が出来ました。
主催者の皆さま、出展者様、そして一緒に巡ってくれたPTの皆さま
本当に楽しい一夜を有難う御座いました!

▲top